スーパーカブ110とGROMで往ク!

若くしてカブに取り憑かれた男のブログ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

DIO110ファーストインプレッション

取りあえず300km程乗ってみたのでサクッとインプレ。
ただ、なまら髭基準のサクッとですからどうなるか知りません。

中身に関してはまだ慣らし中ですのでサワリ程度で。



P1020939.jpg
全体的なデザインはシンプルで余計なものが付いてない印象ですね。
興味ない人から見るとホントただのスクーターです。
14インチのホイールが少し目を引いてるかな?

シートは見た目も座り心地もフラットでポジションの自由度は高いです。
おかげで膝元に全く狭さを感じません。
しかも形状が良いのか足付きは抜群に良いです!アドレスV125より確実に良い。
ラージホイールを採用してこの足付きはスゴイ。




P1020942.jpg
かなりデカいメーター。
バックライトは明るいアンバー色で夜間の視認性は文句なし。
ウインカーやハイビームなどのインジケータ類はLEDかも?
確証は無いですが光り方がそんな感じ。
*追記:LEDではありませんでしたw電球です。

燃料系は減りはじめゆっくりで減りだすと早いいつものパターン。

P1020943.jpg
左側のスイッチ類。
PCXと同じくワールドワイド仕様のウインカー位置。
最初は戸惑いましたが一時間も乗れば慣れました。
操作感は安っぽく無くしっかりとしたクリック感があって良い。

P1020944.jpg
右側スイッチ類。
塞がってる場所は海外仕様でヘッドライトOFFスイッチが収まる場所。

P1020945.jpg
膝元の収納スペース。
広さも深さも丁度よくて使いやすいです。
そしてかなり秀逸なのがコンビニフック!高さが絶妙。
コンビニ袋を引っかけた時にフットスペースにギリギリ触れるか?って位置です。
アドレスは低すぎて使い物になりませんでしたからコレには感動。

P1020948.jpg
シャープなデザインのテール周り。
ウインカーも一体感のある作りでカッチョイイ。

P1020953.jpg
アルミ製の荷台スペース。
はじめから穴が空いてるのでバックレストなども加工無しで取り付けできます。
シートの座面と平行に(フラットに)なっているので見た目以上に積みやすい。

P1020951.jpg
デザインで唯一気に入らないDIOのロゴシールは写真撮った後に剥がしましたw
その下に見えるキーホールはシートを開ける為のもの。
別の位置にあるのは不便かと思いましたが、使ってみるとむしろその逆。
キーシャッター閉じた後に「あっ」ってなった時や、スペアキーがあればアイドリング中にシートの開閉が出来ます。

P1020954.jpg
シート下。
収納スペースはヘルメット一個分+手袋ぐらい。
深さが致命的に無いので入るヘルメットは限られます。

P1020955.jpg
自分のジェットヘルメットはピッタリでした。

P1020950.jpg
そうそう、コイツにはキックが付いています。
しかもバッテリーが完全に干上がっても始動出来るタイプ!
もしもの時にも安心ですね。

エンジンは空冷ですがPCXに迫るレベルで静か。
下からトルクフルで、あまり回転数を上げなくても走れる仕様になっています。
ただし50km/h辺りにトルク谷があって加速力はイマイチ。急な登坂路はキツいです。
60km/hから上は元気で最高速は90弱くらい。
80km/h巡航は無振動ですんごく快適ですよ!スイーッと滑るような感覚。

P1020956.jpg
全体的な仕上げは素晴らしいの一言です。
とても20万円を割っている様には見えません。

乗っても眺めても「もうこれで良いじゃん」と思わせられる一台ですね。
登坂がキツいとは書きましたがライバル達よりは遅いってだけで基本的にガンガン登りますし。
モチロン50ccのソレなんかとは比べものにならない程パワフルです。
少なくとも自分はとても満足してます。
これから一緒に色んな場所へ出掛けて楽しんでみようと思います。

スポンサーサイト
別窓 | インプレとか駄文とか | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<DIO110燃費報告 | スーパーカブ110とGROMで往ク! | DIO110がやってきた!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| スーパーカブ110とGROMで往ク! |
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。