スーパーカブ110とGROMで往ク!

若くしてカブに取り憑かれた男のブログ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

WIND2011.6月号

新作・・・ではないです。
今日の更新はバックナンバー、昨年の6月号。

6月号
福島県二本松市小関にて撮影。

テーマは『4miniWORLD』。モデルはエイプ100です。
なんだかチッコイのばっかり被写体にしてますねw



なまら髭がWIND用の写真を撮る時に心がけている事に《既視感》があります。
デジャヴってやつですね。
実際は一度も見たことのないシーンなのに、すでにどこかで体験したことのように感じる・・・・・・
近しいシーンを本当に見た事があるのかもしれないし、想像で描いた光景かもしれない。
そんな雰囲気が滲み出るような写真を目指しています。

その為には被写体はうんとフレンドリーで、良い意味でチープでなければ(そう見せなければ)いけないと思うのです。
その方が背景が引き立つし、見た人も想像が膨らむんじゃないかな~、、と。

例えばですが・・・CBR1000RRを被写体にしたとしましょう。
すると大抵の人は「乗り手は若い男、フルフェイスのヘルメットにプロテクタ入りのジャケットで・・・」みたいな方向で想像するでしょう。これって少し自由が無い気がしません?

で、被写体がエイプ100だったらどうでしょう。
おそらくイメージはグッと自由度を増し、バリエーション豊かになる筈です。
「乗り手は青春真っ只中の学生で・・・」
「ジェッペル被ったオヤジライダーかもよ?」
「あるいは、初老のリターンライダー?」
「オシャレな半ヘルの女の子かも!?」
「ツーリングかな?それとも通勤?」
「道に迷ってたりして?」 ・・・etc

つまりは、写真を見た人が見た人なりの目線でホワっとした既視感に浸って(なんかperfumeのあ~ちゃんあたりが言いそうなセリフですが・・・)くれたら良いな~・・・なんて考えて写真を撮ってるわけなんですね。たかが髭の分際で。
だからいつも被写体がチッコイバイクなんだと思います。

いや、もう完全な髭の自己満足なんですけどね!
実際写真見た人にどう感じたかなんて聞いたことないしね(*ノωノ)
スポンサーサイト

別窓 | 月刊WIND | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ギックリ腰とGSR | スーパーカブ110とGROMで往ク! | 夏到来!インプレ作成中>>

この記事のコメント

覚えてらっしゃるでしょうか?
会津のtassaです~!

先日、ここが再開されてるのを発見(遅!)しまして、早速「横沢舘支線林道 展望台 」に行ってきました(^_^)

他の林道のアップも楽しみにしてますね♪
2012-06-29 Fri 14:54 | URL | tassa #-[ 内容変更] | top↑
赤いビートのお父さんですね!
本当お久しぶりです(>_<)
むしろこちらが覚えていて下さって嬉しいです(ToT)

展望台行ったのですね!
他の林道のUPは秋になってしまいそうです。
腰を痛めたので暫くはデコボコ禁止で(-_-;)
2012-08-30 Thu 22:01 | URL | なまら髭 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| スーパーカブ110とGROMで往ク! |
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。