スーパーカブ110とGROMで往ク!

若くしてカブに取り憑かれた男のブログ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

GSR250オイル交換

1000km突破!2週間ぐらいで達成。
思ったよりかかったなぁ・・・。
oir001.jpg
メンテナンスインジケータが点灯しました。
これをリセットすれば次回の点灯を500~6000の間で任意変更できます。
本当に便利だGSR!

 
 
早速オイル交換しなくてはいけません。
が、実はコレ2回目の交換です。1回目は500kmでやってました。
今回はフィルタ交換ナシの2.1リッターの交換となります。

oir002.jpg
まず車体を平らな地面でセンタースタンドで立ててから・・・
下にオイル受けを置いて写真の赤矢印のドレンボルトを緩めます。
事前に少しエンジンをアイドリングさせてオイルを温めておくと抜けが良いです。

oir003.jpg
17mmのレンチでピッタリサイズ。反時計回りで緩みます。
しかし横向きって珍しいですよね。スクーターでしか見たことなかったです。
見やすくて良いんですが、自分はキライですね。
だってドレンボルト外すとオイルが飛び出すんだもの・・・。
オイル受けは大きめを選んで写真手前側にオフセットしておかないと大変なことになりますので注意です。

oir004.jpg
外したドレンボルト。
頭が薄くてビックリ。メガネかソケットレンチを使いましょう。
ワッシャはなんと銅製でした。これまた珍しい。

oir005.jpg
オイルが抜けたらドレンボルトを戻して(くれぐれも締めすぎないでね!)新しいオイルを入れてやります。
量は正確に。多くても少なくてもダメです。

ちなみに今回入れたのはホンダのウルトラG2。部分合成油です。
粘度は10W-40。

oir006.jpg
オイルジョッキの目盛りより点検窓を見た方が正確です。
最初の段階でバイクを平地に置いていないと狂ってしまうので注意。

これでオイル交換は完了です。
超簡単なので一度は自分でやってみることをオススメします。
スポンサーサイト
別窓 | GSR250 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<【徹底】GSR250インプレッション【解明】 | スーパーカブ110とGROMで往ク! | GSR250壁紙>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| スーパーカブ110とGROMで往ク! |
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。