スーパーカブ110とGROMで往ク!

若くしてカブに取り憑かれた男のブログ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

カブ110のオイル交換をやってみよう

一口にメンテナンスと言っても色々ありますがー・・・
行う頻度で言うと1に洗車、2にオイル交換とくるのが普通ですよね。
あんまり距離乗らない人は2に空気圧チェックが入るかもしれませんが。

今日はカブ110のオイル交換の仕方を解説します。
出来る人は「そんな事なにを今更・・・」って思うでしょうが、出来ない人は結構居るのです。
正確には出来ないのではなく触るのが怖いんですね。
何を隠そうウチの嫁はまさにそれ。典型的な機械オンチ。
なんせミラーが緩んだだけで「折れちゃったよ!?」と大騒ぎするレベル( ̄ω ̄;)
ホントに普二免もってんのかよと小一時k

そんな人もこれを見ればオイル交換は簡単!
自分で愛車に触れば愛着も倍増すること間違い無し(*'-')b

準備するもの
メガネレンチ(17mm)
・廃油受け(適当なダンボール箱&ビニール袋&トイレットペーパー)
・新たに入れるオイル(カブ110は1L缶1本で足ります)
・オイルドレンパッキン(必要ならば)
オイルジョッキ(1L)
・キッチンペーパー数枚
全てそこら辺のホームセンターで調達できます。
メガネレンチは安いノーブランド品でOK。奮発してラチェット式にする必要はありません。
ただ、間違ってもモンキーレンチなんかで済まそうとは思わないこと!
廃油を吸わせるトイレットペーパーはケチらずたっぷり使ってください。
ビニール袋はコンビニ袋レベルで大丈夫ですが、事前に穴が無いかは確認してください。
オイルは二輪4サイクルエンジン用のものを。2サイクル用はもちろん絶対ダメ。
迷ったら推奨オイルのウルトラG1でなんら問題なし。
髭オススメはG2ですがホムセンではあまり見かけませんね。

作業手順
①バイクをセンタースタンドで立てる。
DSC05572.jpg
平らなアスファルトの上で立てましょう。
作業中倒れられたりしたら大惨事ですからね。
出来ればちょっとくらいオイルがこぼれても支障が無い場所で。

②暖気する。
エンジンをかけてアイドリングさせます。
時間は4~5分程度で大丈夫。

③エンジンを止め、オイルフィラーキャップを緩める。
DSC062112.jpg
このプラ製のやつですね。
持ち上げればヒョイと取れる状態にしておけばOKです。
外しておくとゴミとか入ってしまう可能性があるので。

④オイルドレンボルトを少し緩める。
DSC062102.jpg
赤丸で囲ったボルトがドレンボルトです。
これを力を入れなくても回せる程度に緩めておきます。
この程度ではオイルは垂れてこないはずです。
間違っても青×印のボルトは緩めないこと。
DSC062103.jpg
回す方向は写真手前側からレンチを当てたとして←の方向です。
締める場合は無論逆になります。

⑤ドレンボルト下に廃油受けを置く。
ドレンボルトを外して出てくる廃油がこぼれないように廃油受けを置きます。
0.8L出てくるので、最低それを受け止められる容量を確保してください。
廃油をトイレットペーパーや新聞紙などに染み込ませたらビニール袋の口を縛り、可燃ゴミとして処理します。
自治体によってはこの方法が禁止されているケースもあるので、その場合は廃油をペットボトルにでも入れてガソリンスタンドに持っていけば処理してもらえる筈です。

⑥ドレンボルトを外し、廃油を抜く。
ドレンボルトを外すと汚れた廃油がトローっと出てきます。
②の時に暖気が長すぎると高温の廃油が出てきますので注意してください。
廃油が出なくなったなーと思ってもまだ終わりではありません。
キーOFFでキックペダルを動かしたり車体を少し傾けたりするとまだ出てきます。
10~15分あれば完璧に出し切れると思います。
DSC06199.jpg
この間に外したドレンボルトとパッキンについた廃油をキッチンペーパーで拭き取ります。
パッキンはメーカーでは毎回の交換を推奨していますが、実際はよほど変形していない限り2~3回は使う事が出来ます。
激安パーツなので機会があったら大人買いしておくと良いかも。。

⑦ドレンボルトを締める。
単純な作業と侮る無かれ・・・ここは最重要ポイントと言っても過言ではありません。
エンジン本体はアルミ製。ボルトを力いっぱい締めるとねじ山をナメてしまい
おじゃん
ハイ、おじゃんでございます。となります。
ゴメンナサイ。これがやりたかっただけです。大正野球娘面白いです(*´ェ`*)
グヌヌ~!と力いっぱい締めず、「これ以上回らないな」と思った所からグッ!っと1回だけ短く力を入れる程度にしてください。

⑧フィラーキャップを外し、オイルジョッキで新しいオイルを入れる。
オイルジョッキには目盛りがついていますので、正確に0.8L量りましょう。
多すぎてもダメ、少なすぎてもダメです。
ノズルやジョッキ壁面についたオイルなんかは計算に入れなくて大丈夫です。
入れるときはゴミが入らないように注意。

⑨フィラーキャップを締め、軽く暖気をする。
暖気は2~3分程度でOKです。
暖気している間に後片付けをしたらオイル交換作業は完了となります。
オイルが入りすぎてやしないか、足りないんじゃないかと心配な人はフィラーキャップについているゲージで確認できます。方法はお手元の説明書をご覧あれ。


簡単でしょう?
今までバイク屋に任せていた人は「この程度の事に工賃払ってたのか!」と思う筈です。
まぁバイク屋によってはオイルを0.1L単位で量り売りしてくれる所もあるので、どっちが得!とは言い切れないですけどね。
スポンサーサイト
別窓 | Cub110いじり | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<不具合対策を施すと排気音が変化する? | スーパーカブ110とGROMで往ク! | 東京モーターショーへ行こう!>>

この記事のコメント

何気にオイル交換って自分でやったことないんですよね(汗)
やり方は、なんとなく分かっているのですが、廃油処理がメンドクサイのとトルクレンチとサービスマニュアル持ってないんで、締め付けトルクが分からないので(;´Д`A

今回の記事を参考に、いずれは自分でやってみようと思います!!
2009-10-21 Wed 03:51 | URL | やんし #BbTkef3A[ 内容変更] | top↑
勉強になりました。
2009-10-22 Thu 10:06 | URL | おやじ #-[ 内容変更] | top↑
>>やんしさん
自分もサービスマニュアルもトルクレンチも持っていませんが、VTRもFTRもテキトウにやってましたw
大丈夫、なんとかなるもんですよ(*'-')b

>>おやじさん
お役に立てたのでしたら幸いです(*^▽^*)ノ
2009-10-22 Thu 20:24 | URL | なまら髭 #-[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-08-01 Thu 07:45 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| スーパーカブ110とGROMで往ク! |
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。